読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生模索ブログ

見切り発車で独立した貧乏社長が人生を模索するブログ。たくさん事業作ってたくさん任せたい。

彼女のご両親と初めて食事をするときの心構え

昨日は初めて彼女のご両親と顔をあわせました。お母さんとは会ったことあるのですが、お父さんは初めてだったので、何気に緊張していました。

今日は彼女の父親と会うときの心構えと注意点をご紹介したいと思います。

まず大前提

「自分と同じようにお父さんも緊張している。」これは間違いないです。もしかすると自分よりも緊張しているかもしれない。

注文のときはだんまり

相手の親と会うときは、お金を払ってくれるケースが多いと思うので、ここはあまりでしゃばらず、相手の様子を伺いながら注文しましょう。

もともと金額が決まってる、食べ放題的な店を選ぶと楽かもしれません。僕はしゃぶしゃぶの食べ放題の店だったので、お金のことを気にかけず注文できたので楽でした。

挨拶はしっかりと

とりあえず挨拶はしっかりしましょう。これが全てです。ご両親から振られることなく自ら進んで挨拶すると好印象です。

飲み物チェック

お父さんの飲み物が空いてないかをチェック!意外と初対面の相手だと気づかないことがあるので注意!

来たメニューの話題

ご飯が来たら、まず「うまそう!」と言おう。空いた時間はご飯の話で埋めるのが鉄則。そこから話を広げられるパターンがあるとなおいい。(海鮮が来たら、おいしい牡蠣の店があるんですよ!など。)

仲がいいことをそれとなくアピール

彼女と仲の良いことをそれとなくアピールしましょう。ご飯とるのを気遣ってあげたり、つっこみを入れたり、ちょくちょく仲の良い面を見せると、ご両親も安心するでしょう。

趣味の話は裏切らない

趣味の話はいい話題になります。特に共通の趣味がなくてもいろんなものに興味を持っておくといいですよ!僕らの親世代はゴルフが多めです。

仕事のことはしっかり話せるよう準備

これは僕は聞かれませんでしたが、聞かれたら答えられるように準備しておきました。親たるもの、娘を将来が不安になるような人に預けることはできません。しっかり将来どうしたいのかを準備しておくようにしましょう。

一番大事なこと

一番大事なことは、常日頃から彼女としっかり会話して、コミュニケーションをとっていること。そして彼女のことを誠実に大切にしていること。そのふたつさえできていれば何も恐れることはないでしょう。

以上がご両親と初めて食事するときの心構えです。

ステキなお食事ライフを!