読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生模索ブログ

見切り発車で独立した貧乏社長が人生を模索するブログ。たくさん事業作ってたくさん任せたい。

痴漢の冤罪にならないための注意点(妄想)

色んなニュースを見ていて、こわくてこわくて仕方ないことがあります。

それは「痴漢の冤罪」。

これ、本当にこわくないですか?

何がこわいって、痴漢をしてもいないのに、罪をわざと着せられるケースさえあること。

友人が席譲れと注意した腹いせに女子高生に痴漢にでっちあげられ、示談金ま 【OKWAVE】

これはこわい。そこで、痴漢の罪をきせられないようにする注意点を考えてみました。 (これは妄想です。)

ポイント1:最強の布陣

まず、手は怪しまれるところには絶対に配置しないようにしてください。 つり革とスマホは最強の組み合わせです。また、スマホのメッセージの送信履歴の時間は有効です。 もし電車で近くに女性が来たら用心して、念のためメッセージやコメントを頻繁に送ってください。

また、リュックやかばんは要注意です。人に当たらないように足の間に置きましょう。自分の視界に入らないリュックは特に注意してください。

ポイント2:清潔さと気遣い

わざと罪をきせられてしまうケースで一番多いのは、「気に入らなくて」だと思います。(妄想です。) そのため、その標的にならないようにしましょう。必ず、清潔な服装・髪型で。夏の時期は汗にも気をつけてください。 女性が近くに来たら、スペースを少しでも確保するなど、気遣いをしましょう。それだけで標的になる可能性がぐんと下がります。(妄想です。)

ポイント3:体調管理

これは非常に重要です。もし自分はなにもしていなくても、ちょっとウトウトした時に肩に触れてしまったり、不快な思いをさせてしまうことで、女性の気に障ると危険です。 電車に乗る前日にはしっかりと睡眠をとり、体調を整えましょう。電車で油断は禁物です。

まとめ

規則正しい生活を行い、女性に気を遣うと痴漢の冤罪の可能性はグンと抑えられます。 そして痴漢の冤罪への予防が、女性への気遣い、すなわち夫婦円満に繋がります。ぜひお試しください。

それではよい冤罪防止ライフを!