ふずブロ

日々の徒然を語るブログ。

献血って粗品じゃなくて商品券じゃだめなの?

献血行くと粗品がもらえるけど、

これが300円くらいの商品券だったら、

もっとたくさんの人が来そうなのに。

お金ではダメっていうなら、

予防接種割引券とか

健康診断割引券とか

そういうのダメなのかな。

体内で自然に、無限に生成されるもの(血液)が

誰かに必要とされるだけでなく、

生活の足しになるなんて、そんないいことないと思うんだけど。

WordPressのコンタクトフォームに困っているときは「Typeform」がいいと思う。おしゃれで簡単。

WordPressのコンタクトフォームって悩みますよね。

WordPressのプラグインで簡単に設定できるとは言うものの、手間はかかるし、メールが届かないっていうトラブルもあったりする。

そんなときにオススメしているのが、「Typeform

これはかなり簡単にフォームが作成できます。

登録して、質問項目を作っていくだけでできますよ。

何より安心なのが、メールの送信はTypeform側で行うので、自分たちのミスによってメールが届かないという心配がないこと。

f:id:huuzoo:20170310144912p:plain

こんな風に埋め込みできますよ。一枚のページにすることもできます。

クールでおしゃれですよね。

海外のサービスなので、フォームが海外チックだけど、それがまたいい。

Typeform」おすすめです。

Pixelmatorで範囲選択ツールが見当たらないときは環境設定から追加できるよ!

Pixelmatorで範囲選択ツールが見当たらないとき。

初期設定ではおそらくツールには範囲選択ツールがない状態かと思います。

その時は「環境設定」から「ツール」を選択します。 f:id:huuzoo:20170205100200p:plain

すると上記のような画面が出てきますので、該当の項目をツールへドラッグ&ドロップします。

そうすれば範囲選択ツールが使えるようになります。

P-one Wizはリボ払いから一括払いに変更しないと痛い目見るぞ

高い還元率が売りのクレジットカード「P-one Wiz」

クレジットカードの比較サイトではあまり触れられていないですが、「P-one Wiz」の落とし穴ははじめから「リボ払い」の設定になっていること。

かなり高いパーセンテージが手数料として持って行かれます。

比較サイトの評判を見ると、還元率の高さばかりが触れられていますが、リボ払いを外さないとかなりの手数料が取られます。

僕自身1年間も気づかずに過ごしていました。

「P-one Wiz」リボ払いを解除するにはカウンターに電話しないといけません。電話すればすぐにリボ払いは解除できます。

「P-one Wiz」ユーザーで気付いてない人大そう。

少しでも知らない間にP-one Wizで手数料が取られる人が減ればいいなと思います。

独自ドメイン・広告なし・無料サーバー・手軽な無料HPサービスならAmeba Owndと思う

コーポレートサイトなどで使用できる、「独自ドメインが使えて」「広告のない」「手軽に作れて」「サーバーのいらない」無料ホームページなら、

Ameba Ownd

だな。と今日思った。

Owndは使い方を覚えるのにはちょっと時間がかかったが本当に簡単に作れる。

ホームページ作成にあたり、ペライチやWixも調べてみたけど、独自ドメインは有料だったりと、あんまり使えない。

独自ドメイン使えないとちょっと仕事で使うには厳しい。

それかTumblrをカスタマイズするかだけど、Tumblr特有だからちょっと時間かかってしまうのと、ブログサービス中心だから、コーポレートサイトには向いてなさそう。

Ameba OwndもヘッダーやフッターにOwndのリンク入ってしまうけど、まぁ許容範囲内。

Ameba Owndでサイト作って、Typeformでコンタクトフォーム作るのが無料でサイト作る一番良い方法だと思う。(2017年1月時点)

スリーブ箱の通販の専門店

f:id:huuzoo:20170114150346p:plain

スリーブ箱の卸売り専門店のサイト「SLEEVE BOX」

みなさん、スリーブ箱ってご存知ですか?

簡単にいうと、マッチ箱のような、引き出すタイプの箱です。

スリーブ箱の魅力はとにかく、その「ワクワク感」。

中に何が入っているか分からないときに、中を引き出していくその作業。これにはなにか特別な感情があります。

そのワクワク感を例えて言うなら、郵便受けを開けるときの感情に似ているかもしれません。

郵便受けを開ける時、中に何が入っているか期待しませんか?(僕だけかな)

f:id:huuzoo:20170114154142p:plain

今回、新たに始めたスリーブ箱専門店「SLEEVE BOX」では、そんな「開ける喜び」を多くの人に伝えていきたいと思っています。

かなり低価格で提供をしています。

このスリーブ箱を使って、より多くの方、例えばハンドメイドで商品を販売している方、プチギフトを手作りする方、小規模店舗を運営されている方。そんな方々に使って欲しいと思っています。

ぜひ、スリーブ箱の卸売り通販「SLEEVE BOX」をよろしくお願いいたします。

WordPressでwp-login.phpにBASIC認証を設定する方法

WordPressを個人で使う際にはIPアドレスを固定にしてアクセスしているが、

ライターとかに依頼する際にはどうしようかと悩んでいた。ライター側でユーザー名・パスの管理をすることになるため、簡単なパスワードにされるとちょっと怖いなと思いつつ過ごしてきたが、一応少しだけでもセキュリティを強固にしたいと思い、wp-login.phpにBASIC認証を設定した。

参考にしたのはこちらの記事(というか、ほぼこちらの記事の内容なので、詳しくはこちらを見てください。)

qiita.com

blog.s-giken.net

パスワード発行

htpasswd -c -b /etc/httpd/conf/.htpasswd ユーザ名 パスワード

「ユーザー名」「パスワード」にはwp-login.phpにアクセスしたときに入力するユーザー名とパスワードを入れてください。

BASIC認証の設定

apacheの設定ファイル

/etc/httpd/conf/httpd.conf

を編集します。

wp-login.phpのファイルにアクセスがあったときにパスワードが要求されるように設定しています。

<Files wp-login.php>
      AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
      AuthGroupFile /dev/null
      AuthName "Basic Auth"
      AuthType Basic
      Require valid-user
</Files>

以上です。WordPressにBASIC認証しようと思っているかたの参考になれば幸いです。