ふずブロ

日々の徒然を語るブログ。

買うものは選びたい。どうせなら人に優しいもの、環境に良いものを。

買うものは極力選ぶようにしたい。

いらないものは買わないべきだし、どうしても買わないといけないものは、人と環境にやさしいものがいい。

人にやさしいというのは、使っている材料のこともそうだし、作っている人が健康的な環境で働けているかもそう。

この感覚がズレてくると、将来的にどこかで誰かが辛い思いをしないといけなくなってしまう。

再配達削減の宅配ボックスの費用って誰が負担するの?

宅配ボックスの設置費用がそのまま家賃とかに上乗せされて、おそらくお客さんが払うことになるってことだよね?

それだと普及しずらそう。

購入時に注文日時「指定なし」のまま発送されるECサイトをどうにかしたほうが再配達削減できそうな気がする。

再配達は環境のため、人のためにも削減したいこと。

便利な人を更に便利にしてもなぁ

最近思うのは、便利な人を更に便利にするサービスや商品にはちょっと疲れてきたなぁということ。

恵まれた環境で生まれた人はもっとやるべきことがあると思う。

本当にやらなければいけないことから目を背けないようにしないと。

それを意識して今後の方向を固めていきたいと思う。

週に一回「午前休み」または「フレックス制」を導入したら社員はだいぶ幸せになる

一人社長でよかったと思うことがあったので、記事にまとめたいと思います。

それは何かというと、「行きたいときに病院に行けること」。

先日、父がガンで手術したことをきっかけに、自分の体のことを気にするようになりました。(父は無事手術は終わっています。)

そして、以前の健康診断で、ちょっと数値が悪かったところを診てもらいたいと思ったのです。

体調が悪いということはありません。少し不安なだけです。

会社に勤めているときは、「ちょっと不安」というだけで、会社を休むことはありませんでした。休むことを考えたこともありませんでした。

診察をしてみると、その日一日だけで終わることはなくて、翌週の平日に検査、その翌週に結果の報告と度々病院に行く必要があります。

私は一人社長だからいいものの、普通の会社員がそんな緊急ではない状況で仕事を休むなんて中々できないです。

病院内をよくよく見渡してみると私の周りには高齢の方ばかり。若い人はほぼいません。これは逆に異様な状況なのではないかと感じました。

「病院は悪くなってから行く」と無意識的に染み付いてしまっているのではないでしょうか?

「病気は予防することが一番大事」とどこかで聞いたことがあります。

ひどい状況になってから病院に行くから、治るまで時間もお金もかかる。そのうえ、医療費のために生活まで大変になるという悪循環にもなってしまいます。

体が元気なときこそ、危険が潜んでいます。

そして、そんな状況になるのは、個人の健康の管理という面もあると思いますが、働き方の仕組み自体にも問題があると思います。

多くの会社で、体調が悪くないのに病院になんていけないのです。

だから、会社は週に一回、「フレックス制」もしくは「午前休み」を設けてはどうかと私は思うのです。

週に一回、病院に行く時間があれば、病院にかなり通いやすくなります。病院だけでなく、市役所など平日にしかできないことも時間をとることができます。子供がいる家庭も同様かと思います。生活にかなり柔軟性が出てきます。

「自由に病院にいけばいい」という人もいるかもしれませんが、他の人に気を遣うことなく行ける環境が大事だと思います。

「週に一回の午前休みに病院になんて行くか」と思うかもしれませんが、それはまた別の話。

健康は楽しく生きる上で一番大切なものです。自分の体にもっと気を遣い、予防に積極的に取り組みましょう。

体調で気になることがあればぜひ病院に行きましょう。

自分を守るのは自分です。

人間の能力で、最もいらないのは、人と比べてしまう所だと思う

人間で最もいらない能力は人と比べる所だと思う。

「人がこうだからこうする」

「人がこうだから自分がみじめ」

「あの人はこうなのに」

なんでそんな考え方をしてしまうのだろう。

自分もそう考えてしまうことはあるのですが、

よく考えると、

そんな考え方、必要のないことだと思うのです。

心の中の「自分の大切なこと」・「自分のしたいこと」と比べてみるのが

もっと楽しい生き方になると思うのです。

8時間労働も週休2日も誰かが決めたもの。自分のリズムを知り、コントロールしよう。

週休2日っていうルールも

8時間労働っていうルールも

誰かが勝手に、「みんなそのくらいだろう」って決めたもの。

その人の状況(奥さんが妊娠や家族の介護の都合)や、その時の健康状態(疲れ)、仕事の内容(やりたいことかどうか)などによって、

週休2日も8時間労働も適切ではなくなると思うのです。

それは、少ない方にも多い方にも当てはまると思うのです。

だからこそ、自分の働き方と将来を常に考え、

自分の状況を理解し、

働き方をコントロールしないといけないと思うのです。

人生は会社のためにあるのではなく、

自分のためのものだと思うので。

アクセサリーやピアス、ブローチを入れる小さい箱をお探しですか?

f:id:huuzoo:20170331113302p:plain

minneやCreemaなどのハンドメイドのマーケットで販売している方、

ハンドメイド品を発送する際に「小さな箱」をお探しではありませんか?

そんな方におすすめな箱のご紹介です。

ちょっと高級感があり、開けるのが楽しみになるような箱、「スリーブ箱」。

アクセサリーやブローチ、ピアスやイアリングなど、小さなものを入れるのにとてもおすすめです。

ペーパークッションを敷いたり、リボンを付けて、シールを貼って発送すると一層かわいくなりますよ。

ぜひお使いください。

小さな箱のこちら(→スリーブ箱の卸売り通販サイト